何度目かになる久方ぶりの近況報告

ちょっと期間が開いたので近況報告

かなり久方ぶりになりました。
もうすぐ春ですね。少しづつ暖くなってきて嬉しい次第です。

さて去年の終わりごろにエンジニアになるべく勉強と転職活動してます、と言っていたきりだったけど、
実は年明けからエンジニアの端くれとして職にありついて働いてます。
日々勉強の毎日ですが、やっぱり自分が苦にならないことを仕事にするっていうのはかなり違うもんだな、と思い知らされました。

今までいろいろやってきたからか、割と1つのことに集中してるのが仕事になる環境は心地良いです。
それとともにやっぱりなんでもできる気になってたのは間違いだったと。
いや、正確に言えば向いてること、向いてないことってのはどうしてもあるもんだな、と。
やればそりゃあそれなりには何とかなるけども、それがやってて楽しくないんじゃやっぱり舵の切りなおしが必要だったんだな、と。

同時に、集中して仕事ができるのも周りに支えてくれる仕事をしてくれてる人がいるからだ、と思えるのはありがたい。

そんなこんなで今は精神状態としては割と幸せ。
というか、世界を旅して帰国してきて、幸せの閾値が人よりだいぶ下ったのでそれなりに幸せだったんだけど、
仕事でどうも無理をしていたので、うまくまわってない感がすごかった。
そこを考えると今は仕事で足りない力があるものの、無理をしてる感がないし、
何より向上心とか楽しんでできてるので長時間になろうともそんなに苦じゃないし、
ひっかかってたものが解消されて上手くまわりだした感がすごい。

30も半ばになって、ようやく、というか。
これでいこう、ってもんが僕にも見つかった嬉しさと安堵。

最後に勝てばいい、ってのはある程度本当だと思う。
それなりに転職活動は苦戦した。
年齢的なこともあるし、焦りもあった。
もうダメなんじゃないかと思った。
どうあれ、転職活動が上手くいかないってことは人格否定されたような、
お前じゃダメだという烙印を押されたような、
そういうダメージを受けた。
でも、なんとかくぐりぬけれた。
運も大きかったと思うけど、エンジニアとしての実力云々より
これまで自分で身につけてきた能力が評価されたかも、とも思ってる。

あともうひとつ、
好きなことがわかって、腹が決まって、
そうすると努力するベクトルが明確なのは本当に気楽。
好きなことを仕事にするってこういうことなんだろうなぁ。
技術的な仕事だから、なおさらなのかもしれないけど。

旅してたときも今までもそれなりに幸せだったけど、
今ははっきりと自覚できるぐらい幸せ。
これから、もっとがんばって、できることが増えていけばもっと楽しくなると思う。

最後に勝てばそれでいいんだな。
ひと安心。

「アフリカでは」の有用性と暴力性、思考停止の怖さAlfredの同期がDropboxのAppsディレクトリだとできなかった件